銀色暗号とSilver Moonと私

ジャニーズ大好きな四十路オバヲタです。

キンキ!キンプリ!

もう何時ぶりのブログなのか確認もしていませんが、 久し振りに投稿いたしました。

 

と言うのも、何時ぶりなのかも本人が覚えていないほど、前回投稿から日数が経っているにもかかわらず、

何故か?!アクセスが増えてきているからです!

 

何でやろ…(・・)?

 

ともあれ、ご覧下さった方がいらした事については、お恥ずかしいながらも嬉しゅうございます。ありがとうございます。

 

 

ではでは久し振りにKinKi KidsとKing&Princeの事を書きますね!

 

 

キンキと言ってもその…この頃の光一さんと剛さんはソロ活動の真っ最中ですから、いわゆるKinKi Kids活動は「ブンブブーン」やラジオ位でしょう。

ジュエリーのCMで流れている曲は次のシングル候補なんですか?

 

剛さんのお耳の状態はあるにせよ、ソロでバンメンさんと共にまた活動出来て、昨年出られなかった夏フェスにも出られて良かったよね!

光一さんときたら、井上芳雄さんとミュージカルで共演され、

初めて外部の舞台に立ててたことも尊いです!

私はどれも観に行けなかったけどね(涙)

 

どちらも「KinKi Kids」でもなく「ジャニーズ」でもない場所ですが、

ねえねえ?!どうですかうちの人たち!!  ⬅

凄いでしょ?!見る目変わっちゃったでしょ?!

…なんて事を現場にいた人に聞きたい。

もちろんジャニヲタでなさそうな人たちにね!   ⬅

 

 

 

で。

 

 

今年の東京ドームの年末年始も後輩くんグループでコンサートか。

このまま恒例になるのかな?するとKinKi Kidsは大阪なのかな?

ま、今年も例年通りでコンサートをしてくれればの話です。

昨年は剛さんのあれこれもありましたけど、何とか東京と大阪でのコンサートを開催してくれました。

 

…思い出すと泣けてくるぜ(´;ω;`)

 

だから今年も期待はしますよそりゃ~(^ω^) 

 

でも無理はしちゃダメ!ゼッタイ!

そう思うのは二人のことが何がなんでも大好きだからだよ~💙❤

 

 

 

 

 

 

 

で。

 

 

 

king&princeの人気なんですが、予想以上でしたね!

ここはひとつ冷静に語ります。

 

 

デビュー曲の「シンデレラガール」も売れた!

なぜ売れたのかと言うと、 

 

・ハイタッチ会の応募券があった。

・デビュー曲だから他のジャニヲタが「ご祝儀」的にも買ってくれた。

・ジュニア時代からの固定ファンが多くいた。

・毎日「ZIP」に出ていて、知名度が上がった。

・「king&prince sweet garden」なるオンリーショップまで出してもらったほど、事務所から壮大なプッシュをされている。

・「シンデレラガール」はドリーミングでキャッチーなラブソングだった。つまり良曲☆

 

 

 

…なんてところが思い浮かびますが、

私的なポイントは、

 

 

・新規ファンにとっては、全てが初々しく新しく眩しい!

・何気にオフィシャルグッズのセンスが良い!

・デビューしてすぐにNHKの「うたコン」に出ていた!

そしてそして!

・メンカラが素晴らしい!

 

 

メンカラについては羨ましいとさえ思うわ(´ω`)

 

 

赤じゃなく「真紅」!(平野くん)

黒じゃなく「漆黒」!(廉くん)

ピンクじゃなく「濃いピンク」!(岩橋くん)

黄色じゃなく「ひまわりイエロー」!(海人くん)

紫じゃなくではなくてやっぱり「紫」 !(岸くん) 

そして!

青でも水色でもない、ジャニーズ初の!

ターコイズブルー!(神宮寺くん)

 

いや~新鮮だしときめくわ~💙

 

 

メンカラってヲタ活の肝と言っても過言ではないです。

私は岸くん推しですけど、黒…漆黒の廉くんや、ターコイズの神宮寺くんのグッズも可愛いし使えるなと思ったんですよね。

ターコイズはそもそも大好きな色ですしね!

 

 

次のシングルも決まりました!「memorial」といいます。

次のシングルからが頑張り時に入るのではないでしょうか?

私は母目線で応援するわよ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セクゾのSexy時代がじわじわと その2 (しょりたん多め)

今年、SexyZoneはキていますぞ~\(^o^)/

 

24時間テレビのメインパーソナリティーに!

☆地上波初の冠番組が決定!

☆コンサートツアー開催都市と回数増!

中島健人くんがぐるナイゴチメンバーに!

佐藤勝利くんは2クール連続でゴールデンタイムドラマ出演!

☆その他、メンバーのバラエティ番組出現率が多くなってきてる!

 

などなど、ヲタク視点かもしれませんが事実ですな。

 

 

私はまだ2年足らずのファン歴なんですけど、ほんとに周りを省みずに入れ込んでますね。

四十路のオバヲタなんですが、キラキラ眩しい彼らにどれ程癒されていることか…(涙)

 

 

バラエティ番組では、

 

ケンティーはウザキザセクシー隊長キャラクターが確定してます。

このキャラで「健人くんって素敵だね」と、番組スタッフさんからも

絶賛されているなんて本物じゃないですか!!

努力して確立したサンキューデリシャスな彼のキャラクターです!

 

 

ふまたんは頭の回転が早いので、その場の雰囲気によって自分の振る舞いをどうするべきか、瞬時に汲み取っているよね。

また、共演者との距離感もきちんとしているけど、ドライ過ぎない。でも印象は残る。さすがふまたん!

 

 

聡ちゃんとマリちゃんは弟キャラなんですね。

天然発言連発だけど、

とりあえず何を発言してもツっこまれても許されている。

でも彼らはよく聞いていると、不快な表現は絶対にしない。

だからバラエティにもよく呼ばれるようになったんだと思う。

いい子達です(涙)

 

 

 で。

 

佐藤勝利くん、しょりたんね。

何故に彼はあのように綺麗で可愛い御面相なんやろか?!

イケメンとしか言いようがない!

めんこい!きゃわわ~!どれもこれも語彙が追い付かないほど!

しかもしょりたんは基本生真面目でしょ?

だけど頑張ってバラエティですっとぼけてみせている。

そういうところが愛しすぎるので見守らせてほしい…(泣)

 

 

 

そんなしょりたんに、ジャニーズアンチ週刊誌(⬅有名だがムカつくのでどことは言わないぜ)  の奴!

 

 

あのな。

 

しょりたんはボイストレーニングしてるんやぞ?!

しょりたんはFC会報でも語っていますが、

ライブ動員数が凄いアーティストさんから、そのかたが1度も喉を潰した事がないっていうことで、そのコツも教えてもらったそうな。

 

呟きサイトでは、そのアーティストさん側からの投稿もあり、

佐藤勝利君と楽しく過ごしました」(⬅ニュアンスね)とのこと。

交流されているのよね。

 

 

このアーティストさん、今はお煙草は嗜んでおられないんですよ。

理由はやはり、歌のため。私、これだけは知っているから!

 

その方から喉を潰さないコツを教えてもらったなら、

煙を燻らせることをしょりたんがしますかってのッ!

ボイトレもしているのにさ!

 

あとね。

 

しょりたんはウェルネス思考なのよ?

意外にも有機野菜を使ったお店を選んでいるとか、健康に気を使っているのよ。

お父様もご病気で亡くされている彼が、

不健康グッズに手を出すのも合点がいかぬこと。

 

 

100歩譲って、アイなんとかを嗜んでいたとしてもな!

しょりたんは21歳やぞ?!文句あっか?!

だったらその「燻らして」いる写真も載せろよ!

そしたら…まあ…納得する。受け入れるよ…(._.)

 

 

しょりたんに対してマトモな記事載せろよと思う半面、

こういうクズ記事でも見出しに「佐藤勝利」と掲げられることも

Sexy時代が来ていると感じる瞬間でございました。

 

 

ファンの皆様 

自担を愛でましょう!

それで繋がれる素晴らしい世界がジャニーズです\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんどいわ~(;_;)

今年度はジャニーズ、よう結婚されますな~。

岡田くんに続いて森田剛さんもとか!

しかもお相手は宮沢りえさん! おめでとうございます!

このかたは、日本の女優の中でも本当に綺麗だなって思える一人。

(※個人の意見です)

 

 

まあ、でも、ね?

なんかどうなんやろ?ファンの皆さんのご心痛は如何程のことか…

モリゴウがまさか結婚だなんてね!リアリティーないわー。

 

 

ジャニーズの中で、1979年生まれでひときわ輝いている4人が

堂本光一さま、堂本剛さん、三宅健さん、そして森田剛さんですが、

その中でいち抜けしちゃったね。

モリゴウも39歳…結婚年齢としては違和感はないですよね。

 

 

でもジャニーズなのよ!V6なのよ!

同じく光さまや剛もジャニーズなのよ!KinKi Kidsなのよ!

 

 

結婚は…結婚は…ああーッ!!(>_<) 

知りたくないなーッ(>_<)

 

光さまはいつもライブでは

「今の時間だけは彼氏と彼女でいても、終わったらその関係はおしまい!現実に戻れ!」

と、痛烈激塩なお言葉をかけて下さる…(涙)

剛も、「皆さんの母性の海にいる」 みたいなことを言う。

 

 

ファンはあくまでファンなんだよって、

ちゃんと教えてくれる優しさよ…(白目)

 

 

こっちもそれは百も承知ですけど、いざ!その日が来たら

どうなるのかは…考えられないし考えたくもない。

 

ジャニーズのファンやっているのもしんどいですな。

30歳以上のジャニーズに対しては、

ファンは特に特に戦々恐々としてしまいます。

他人…他担ごとではないですからね!

光さまがおっしゃるように、「現実を見ろ!」となるんだろう。

 

 

しんどいわ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ざわわ~(・ω・)

今日は!

Sexy Zone   ニューアルバム

「XYZ = repainting」 の発売日ですよ!

よろしくお願いいたします(^ω^)

 

 

さてさて、この春、私は大変ですよ!

セクゾのコンサートもありますし、キンプリのデビューもあるし、

従兄弟の結婚式もある。

つまり、   お金が消えていくやつ。

でも、全て「幸せ」の一言に尽きるので、金が飛んでいくのはしゃーなしよ。小さな事から日本の経済を回すことに貢献します。

 

 

KinKi Kids一筋だったのに~(^ω^)

しょりたんという超絶可愛い子を見つけちまって~(^ω^)

しょりたん繋がりで岸くんという日本一腰の低いアイドルも見つけちまって~(^ω^)

これがいわゆる「ジャニーズ沼」なんですね \(^o^)/

(KAT-TUNもタキツバも気になる…)

 

 

そういう訳で、この春はセクゾとキンプリ強化シーズンとなりそうですが、私はKinKi Kidsのことはやはり一番に気になってしまう。

 

 

また最近、ざわわざわわとサトウキビ畑のKinKi Kids界隈。

(そんな穏やかな感じではナイ)

 

 

まず! 現在発売中の「日経エンタ」の堂本光一さまの連載ページの内容についてざわわ~(・ω・)

 

年末に開催したドームコンサートを開催するまでの顛末なるものが、光さまのお言葉で記載されています。

毎月連載ページには『構成 /○○』との記載もあるため、

光さまが仰った言葉を「構成」し文章にしているものと思われます。

この連載は4年以上続いており、単行本も出版されているほどですので、ほぼ光さまの仰った通りの内容だとも思っております。

ちょっとした言い回しを別の単語に言い換えて、仰った意味は変えないように表現している…などはあるかも。

 

 

それを踏まえてですよ!

 

今回の連載。

昨年10月に剛さんが復帰したアンプラグドライブがあり、その頃に年末年始のドーム公演をどうするか?となったようで、

光さまは当初、

剛の状態を無視することは出来ません    

と、10月のようにアンプラグドではドームでは出来ない事を知るや、

今回のコンサートは中止する事もお考えになったよう。

 

剛さんは剛さんで、他のスタッフと話し合いをされ、

「大丈夫、いつも通りでやる」

と返答していたとのこと。

(※剛さんはスタッフさんとのみ話したようなニュアンス)

(※光さまも剛さんから直接ではなく聞いたようなニュアンス)

 

 

かくして、剛さんの体調をみながら「通常のコンサート」を開催するという方向性がスタッフさん共々決まり、そのための打ち合わせの1回目、剛さんが、光さまとスタッフさんに告げたのが、

「アンプラグドじゃないとできへん」

ということ。

 

光さまは、

 

・(剛が「大丈夫」と言った時から打ち合わせの日まで)

「状況がどう変わったのかが分からない。」

(※状況とは、剛さんの耳の具合の事か、コンサート制作側についてなのかは不明)

 

・「認識が食い違っている」

(※剛さんと光さまの間の認識なのか、剛さんとスタッフさんと光さまのそれぞれの認識なのか、剛さんだけが食い違った解釈をしていたのか、光さまだけが別の解釈だったのかは不明)

 

とのこと。

 

打ち合わせは暗礁に乗り上げてしまったため、光さまはオーケストラを取り入れた、剛さんの耳への負担が少なくなる方法を提示され、

スタッフさんの大いなる尽力と、吉田建さんやどんちゃんこと堂島孝平さんらのミュージシャンの方々の「人力」もあり、

あの素晴らしいコンサートは開催の運びとなったんですね!

 

この連載の続きは来月にも掲載されるようで、

こちらも読みたいところではありますが。

 

でも!

 

この内容についてざわわ~なところが、

 

・剛さんが自分で「大丈夫」と言ったけど、後で「アンプラグドじゃないと出来ない」と、覆してしまった形になっていること。

・光さまが「認識が食い違っている」とは何に、誰に対しての言葉なのか?ということ。

 

そして、

・打ち合わせの前の段階で、光さまと剛さんは何もお話にならなかったのか?ということ。

 

ただし、この真偽も真実も、光さまと剛さんにしか分からない。

 

 

次に!

剛さんがパーソナリティーのラジオ「F&MB」の先週の放送ね。

(2月10日)

まだご存知ないかたは、放送された内容をどこかで確認してください。(雑)

私も放送後にアップされた某媒体で確認しましたので。

 

 

剛さん、難聴についてはまだキツいんだなって思いましたね。

 

 

この放送の内容(要約)

 

・「人生は甘くない」というテーマでリスナーからのメールを紹介。

・会社という所はこうだ、という旨で、剛さん自身も「聞いてないよ~」的なことが沢山あると、事務所のことを語る。会社とはそういうものかもしれない。

・ジャニーさんに駄目出しされて、これまでライブが良くなって来ているが、(ジャニーさん以外は)気を遣って言わなくなっている。だから自分から感想を求めることもある。

・結婚していないことについては、この事務所に入ったということが関係している。10代の頃は、人を好きになることはいけないことだと思っていた。

・人生で起こる全てのことに意味があるという風には自分は思えない。耳のことが必要なことだったんだとは思えない。(難聴には)ならなかった方が良かった。

・必然という考えは、逃げのような気がして嫌い。

・人生、意味のないこともある。意味のないことから何を学ぶかが重要。

 

でした。

 

この中でざわわ~なのが、

「必然という考えは嫌い。はぁ?!って。」と言っているところ。

これ。

連想されるのは、年末年始のドームコンサートのタイトルね。

 

 

Everything  happens  for  a  reason

(起こるとこには全て意味がある)

 

しかも光さまがご自分で「僕がタイトルを考えた」と仰っており

剛さんは「あ、そうなの?」と、知らなかった様子で。

 

ざわわ~(・ω・)ですよ。

 

もちろん!このラジオオンエアの中で剛さんが「あのタイトルが~」と断定はしていないので、あくまで連想されるというだけですがね。

 

 

ただし、この真偽も真実も、剛さんにしか分からない。

 

 

もちろん、私なりに「本当はこういう事だったんじゃないの?」

という想像は出来るけど、それが真実ではないかもしれないということは重々承知。

真実があってとしても、その全てを私たちファンにまで理解させることが難しい事もわかるよ。

言えないことだって沢山あるはず。

 

 

でも!

 

私たちKinKi Kidsファンが、

たったひとつだけ分かる真実があるよ。

 

 

光さまは「日経エンタ」の連載で「うちの事務所はそういうのが厳しい」とよく仰っているし、 

剛さんも今回の「F&MB」では事務所について話している。

剛さんの耳はまだ辛そう。

 

それでも二人はKinKi Kidsでいてくれるではないか!

 

四転五転どころか、七転八倒状態だった年末年始コンを

ちゃんと開催してくれたではないか!

 

それが光さまと剛さんの真実でしょ!

 

とにもかくにも、剛さんの難聴が少しずつでも治まることを

願っております。

このトンネルを抜け出せるように、祈っております。

本当にさ、本当に…KinKi Kidsファンは思っている…(涙)

 

 

剛さん、30代最後の年で「結婚していない」って嘆かないで!

男性は40歳からですぞ!

それに、私なんて四十路で独女なんだから大丈夫(爆)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KinKi Kids 新曲から思う、今後のキンプリについて。

KinKi Kids   「Topaz Love / DESTINY」

すごくいいですよ!

百聞は一見にしかず!

 

とにかくこれだけは言っときたいのでした。

今回の新曲のプロモーションは歌番組がありません。

先月NHKで放送された「SONGS」という番組で「Topaz Love」を歌ってくれたのですけど、それの再放送が1月29日の深夜(1月30日になった頃)にありますので、それがあって良かったと思っています。

NHK様々です!有難うございます!

「ザ・少年倶楽部」も有難うございます!

 

 

この新曲は久々の両A面シングルですが、初回盤Bには「DESTINY」の

ソロバージョンも収録されています。

これがまた!同じ曲なのにボーカルが違うと、曲から見えてくる風景が変わりますね!

光さまバージョンは、夜の首都高速で、何か解らぬ焦燥感に駆られて車を運転しているイメージで、

剛さんバージョンは、歌舞伎町の薄暗いバーのカウンターで一人呑んでいるイメージ。

(※個人の感想です)

 

そして、カップリング曲が2曲ありの通常盤!

DVDはありませんが、このカップリング曲で十分満足してしまうこと請け合いです。

このうち「哀愁のブエノスアイレス」という曲が秀逸です。

作詞に売野雅男先生、作曲に林哲司先生、編曲が船山基紀先生という

80年代のミュージックシーンには欠かせない大ヒットメーカー三つ巴の一曲!

平成デビューのKinKi Kidsなのに、何故こうも80年代が似合うのか。

ザ・ベストテン」を放送していた頃、マッチやトシちゃんやシブがきや少年隊などなどが華やかに出演していましたけど、

KinKi Kidsも昔から80年代テイストの曲が多く、聴けば私はその度に「ザ・ベストテン」のスタジオで歌うKinKi Kidsの姿を想像しておりました。

 

″ 今週の第一位は!初登場!   KinKi Kids「硝子の少年」!9999点!″

 

あの回転ミラードアから初々しく出てきて、初登場のサイン帳に書いてほしかったね…。

黒柳さんから「アナタたちは珍しい名字同士なのに、赤の他人だそうですけれど本当なの?」と早口で聞いてほしかったね…。

ついでに言うと「ひょうきんベストテン」にも出てほしかったね…。

ホタテマンや、鶴ちゃんのマッチでーす!と共演してほしかったね…。

 

 

 

 

 

ところで先日はジャニーズ事務所からCDデビュー発表がありました!

 

King & Prince  

デビューおめでとうございます!

 

私は岸優太くんのことが大好きです!

デビューは目出度いこと!愛でたいことです!

別に巧いことを言ったつもりはありません。

そう!これから「愛でて」いかなければならないと思います。

デビューはJr.にとっては目標のひとつだと思いますが、通過点であり、スタートラインというだけ。

デビューしてからが真価を問われますからね。

岸くんのデビューに、光さまもお喜びになっておられるでしょう。

 

そんなキンプリですが、同じ6人だし、KAT-TUNみたいにシングルとアルバムを同時発売くらいのインパクトでやっても良さそう。あ、KinKi Kidsもそうでしたね。

どんなデビュー曲なのかは期待が膨らみますが、

私はキンプリも、懐かしテイストの曲が合うと思ったんです!

 

平野くんの器用そうで不器用な人懐こいところ。

岩橋くんの女の子風味なのに野球出来ちゃうところ。

海人くんのおっとりしてるのにハートは強そうなところ。

神宮寺くんのチャラ弱なイケメンギタリストなところ。

岸くんのいい人すぎて埋もれてしまいそうな危ういところ。

廉くんは…なんやろ?この子はよくまだわかりません。

 

これまでJr.でやってきた固定イメージはあるものの、

彼らは楽しく明るく元気良く…というだけではなくて、

80年代の青くて切なくて、ちょっと尖ったようなアプローチが合うような気がしたんです。

 

Jr.人気が圧倒的な彼らですけど、

それぞれのスキルがもっと高いJr.がいるんですよ。

歌だったらストーンズやラブは出来る。

ダンス系ならトラジャやスノーマンだと思う。

バラエティ力なら関西Jr.は凄いし、

いわゆるアイドルオーラ全開なのは東京B少年ですな。

 

 

だからキンプリ頑張ろうね!沢山勝負して責めていかないと!

岸くんがいるから私はキンプリは推しますよ!

新規ファンもこれからどんどん獲得して、長く愛してもらえるように。

 

オバからの母心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い封筒問題

皆様、明けましておめでとうございます!

おめでたくないかたもいらっしゃるかと思いますが、新年のご挨拶を

いたしますね。

今年も私はジャニヲタ街道まっしぐらに行きたいと思います。

 

 

 

KinKi Kidsの京セラドームコンサート、

オンリーとアンリーでざわついていますかね?

でも真相は光さまと剛しか知らないんだからさ、どうしようもないんだよね。

もうそういうのいいから、新曲買いなよ!

 

「Topaz Love / DESTINY 」1月24日(水)発売です!

 

 

 

いや、そうではなくて、赤い封筒の話をします。

前回のブログにも載せましたけど、なんか尻切れトンボな終わりかた

でしたので追記のように。

 

確かに私たちファンは、恋するべく素敵な彼らを求めるものですが、

そうではない「人間」の彼らの部分を見たくなることはある。

それを知ることでますますハマるかもしれない。

でも、素の部分が必ずしも、私たちが望むような理想的なはずもなく、そこから逸れられると「何で?!」と勝手に気持ちがキレてしまう。

勝手っちゃ勝手ですね、剛に言われそう…「知らんがな」って。

 

 

そりゃあ当事者たちは幸せなのは分かるけど、

そして信頼するファンの方々へ一番に伝えたかったのも賛成だけど、

何でかな~?なんかイラっ💢としたものが消えないの。

 

これがもし、自担の件だとしたら、私はどう思うのか…?と置き換えてみました。

(置き換え方法は、自担が、今回の赤い封筒に書かれたお相手と結婚したら?です)

 

結論は2秒で出ました。

 

 

  

 やっぱりムカつくわ💢!

 

 

 

そういう事なんです。

結婚する相手によるのかもしれないね (・ω・)

 

 

 

以前、SexyZoneの中島健人くんがこんなことを雑誌で仰っていました。

アイドルとファンは付き合えない・結婚出来ないのに、ファンでいるのがどうとかこうとか言っている案件に答える質問コーナーでのこと。

 

ケンティーの答えが!!

 

「どうして決めつけるの?

これから俺と君がどこかで出会うかもしれないんだよ?」

 

(※以上ニュアンスですのでご了承ください)

 

だって!!

 

これは彼の平常運転なんですけど、

期待ではなく、明らかに夢を見させてくれていますよね。

決してファンを傷付けない神対応

私、ケンティーから赤い封筒が来ても、きっと目頭押さえながら祝福出来ると思う。

 

 

そしてやはり、相手が誰であるかが最重要だな~。

独女の私が語るのもナンですが、もしも光さまや剛が誰かと

け…け…  結婚!

なんてことになったら…、例えば、お仕事関係だったら、いつも彼らを支えてくれている親い関係の人がいいなとか、

芸能人ならば、あの人とだったらお似合いじゃないか?とか、

独りよがりの下世話な妄想はしています(爆)

益々痛々しいオバヲタなんです。

 

 

だから、ファンはファンで勝手でごめんなさいな部分もある。

今回の赤い封筒の一件を、受け入れているファンのかたは素晴らしいと思います。羨ましいくらいです。

受け入れられないでいるファンのかたも、至極当然の感情だと思います。

 

 

ジャニヲタは、熱愛だの結婚だの、文○や、週○女○が大好物なネタを見て見ぬフリもしながら、自担を盛り上げるべく必死なんだよね!

そしてやはり、自分も自担も、お互いに幸せな関係になりたいので、

日々精進しているのです!

 

 

封筒が何色でも、幸せの手紙になりたいもんです o(^o^)o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてったってKinKi Kids!!

皆様お久しぶりです。約2カ月ぶりに投稿させていただいております。

今日のタイトル、いかがですか?「なんてったってアイドル」みたいな感じでいきたいと思いましたが、何とまあ、ジャニーズ界隈では凄いものが投下されたじゃないですか!

それについても書きたいと思います。

 

まずKinKi Kidsです!

私は先日行われた東京ドームのコンサートに行って来ました!

 

夏の20年パーティーが落選したので、ジャニ所が「こいつを救済してやるか」とチケットを送ってくれることになったのだと思い込んでいます。

その感想をこれから書きたいと思います。

しかし!これから京セラドームでカウントダウンと、光さまバースデーを開催するので、ネタバレを回避したいかたは、京セラドームコンサートのあとにお越し下さいね!

 

 

 

 

今回のコンサート、当選したチケットが12/17の東京最終日のものでしたが、いつもの如く私はぼっち参戦です!

最近ドームで開催するジャニーズは「プレ販」が常識になっていますが、地方民である私はそのプレ販に行くことが出来ません。

 

12/16に前日入りし、その時にグッズを購入してしまおうとも思いましたが、それもまた至難…。

最終日だし、売り切れもあるかもしれないけど、とりあえず自分が出来る最大限のことをしようと、地元から始発で水道橋へ向かいました。

発売開始の約2時間半前だったと思いますが、けっこう並んでいるではありませんか!?

北風に耐えながら待ち、10:45になり、ようやく列が動きました。

「前のかたに続いてゆっくり、ゆっくりとお進み下さい」と、

先頭を誘導する警備員さんの動きがあまりにもスローモーションでしたが、それに対して文句ひとつ云わず、警備員さんの歩調にきちんと合わせているKinKi Kidsファンの皆さん!

それを見て何故か涙が出てきてしまった…。

 

かくして私は無事に目当てのグッズを全て購入することができました!

(最終日の午後にパンフレット、終演後にポーチが売り切れました)

 

一旦宿泊するホテルにチェックインし、その後再び東京ドームへ向かいました。

ドームに来るのは約2年振り。

座席を探すも判らず、係りのお姉さんに聞いて、やっとたどり着いたその席… 

 

 ここは!

天井席と呼ばれる2階スタンドの、すげー後ろな\(^o^)/!

 

……

 

いいの、大丈夫です私。

オバだし、オバでもこの急斜面を登れましたとも。

光さまと剛を見られるだけで贅沢なことではないか!

気持ちを切り換えて開演を待ちました。

すると!オーケストラとバンドのかたが音を鳴らしはじめ、光さまと剛が現れました。

剛は今日もヘッドホンを着けていましたので、大丈夫かなと思いつつ、しかしやはりそこにKinKi Kidsの二人が存在してくれる嬉しさが込み上げてきました。

 

いわゆるアンプラグドではない音もある中で、二人は歌いはじめました。曲は「Anniversary」。

 

そう!20年パーティーの最後に歌った曲です。

これから始めるとか本当に胸アツ(^ω^)

 

それから数曲披露しMCになりましたが、剛の歌声は天性のものなんでしょうか。

ステージ上で辛いことはあったにせよ、それを感じさせないい力強いボーカルでした。

 

 

KinKi Kidsの曲って歌詞がいいんだもん!

メロディーもドラマチックなんだもん!

感情移入してしまいますやん。

そして、今回は特に特にですが、歌詞が剛と光さまのことを歌っているように聞こえてしまって、泣けてくるやんか…(涙)

 

 

オバなのでなるべく静静と涙を湛えていましたけど、気が緩むと

「うう~っ(泣)」となっちまって困りものです。

以前書いたブログで、あるバンドのライブの感想を載せましたけど、

その時とは天地の違いです。

 

 

剛の耳がどうであっても、生の歌声を私たちに届けてくれる。

生の音を聴かせてくれる。

こんなクオリティの高いジャニーズっていますか?

シンガーとしても、アーティストとしても、信頼と実績のKinKi Kidsです!

 

 

私の感想はざっくりでしょ?スミマセン。

だって、コンサートが終わって、ホテルの部屋でCDを聴きながら延々と「KinKi Kidsありがとう。光さまありがとう。剛ありがとう」と

独語を発し嗚咽しているような、ボキャブラリーのないオバなんです。

 

 

 

 

皆さん、ここまでお読みいただきまして本当にありがとうございます。

KinKi Kidsについては、また趣向を変えて投稿するかも知れませんが、今日はもうひとつ、語らせて下さい。

 

 

 

 

 

 

岡田くんからの赤封筒についてです。

 

フライング気味に一昨日からざわついていましたけど、ようやく正式に発表しましたよね。

 

肯定・否定どちらともあるようですが、

ファンの方々のお気持ちをお察しいたします。

今はお祝いの言葉は出しません。だって、心からそう思えてこそ言葉にしますけど、そうじゃない感情が私にはある。

無邪気にお祝いして、一件落着とはすぐにはできない、

 

 

かと言って、彼等についてあれこれは云いません。

この出来事は彼等のプライベートなことだから。

 

 

私たちが観て、求めるものは、素敵な姿で私たちを魅了するオフィシャルな彼等です。

でも、恋する彼が別の誰かと結婚するという事実を知ることが、

ファンの幸せや恵みになるのかと言えば、逆ですよね。

ファンには本当のことを伝えたいのはわかります。

ファンを信頼しているからこそですよね。

ファンはいつも、その彼の人となりをみて、真摯に取り組む姿勢をみて、恋している、恋してきたんです。

だからその時点で、ファンはその彼の「本当の姿や想い」は感じ取っています。

だから、結婚という「事実」を知りたいわけではないのです。